美味求真

和牛卸「肉の牛善」が綴る日々。仕事にまつわる話から、社長の趣味までいろいろと書き散らします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

岩佐亮佑選手 ヒヤリ!判定勝ち

 3月2日後楽園ホールにおいてWBCバンタム級7位岩佐亮佑選手vsOPBE東洋太平洋バンタム級10位マーク・ジョンヤップ選手の10回戦が行われ、3-0の判定で岩佐選手が勝利しました。

岩佐選手判定勝ち

序盤から多彩なパンチを的確に決めていた岩佐選手でしたが、相手は打たれ強いのかダウンするまでには至りません。すると5、6回あたりからジョンヤップ選手が繰り出す、大きく強いパンチに岩佐選手が下がる場面も見られました。そして8回、なんと強い右ストレートの直撃を食らって大ピンチに。岩佐選手は完全に足にきてしまいました。ラウンド終了間際相手の激しいラッシュを受けましたが、それをなんとかしのぎ、9回、10回は相手のパンチをガードでかわしながら、カウンターを当てて逃げ切りました。

なんともヒヤヒヤものの勝利。岩佐選手は試合終了後、反省しきりでしたが、まだまだ若いですし、これからです。次は必ずやってくれると信じて、応援しましょう!
ボクシング | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

岩佐亮佑選手 連続KOでV2達成!

 7月7日後楽園ホールにおきまして、日本バンタム級タイトルマッチ、チャンピオン岩佐亮佑選手vs同級4位益田健太郎選手の試合が行われ、7R TKOで岩佐選手が勝利。2度目の防衛に成功しました!

岩佐亮佑V2達成!

スタミナと闘争心のある益田選手に対し、岩佐選手は序盤から的確なパンチを当て、7R益田選手の動きが止まったところで連打を浴びせ、レフェリーストップによるTKOで勝利しました。

試合は「岩佐亮佑vs益田健太郎」を御覧ください。

試合後のインタビューでは「世界へ挑戦」を明言して、会場のファンの熱い声援を受けていました。岩佐選手、どんどん大きくなっていますね。楽しみです。
ボクシング | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

林徹磨選手惜敗!日本フライ級タイトルマッチ

 4月26日(木)後楽園ホールにおいて行われた日本フライ級タイトルマッチ、チャンピオン粉川拓也選手vs同級1位林徹磨選手の10回戦は、激しい攻防の末は3-0の判定で粉川選手が王座を防衛しました。林徹磨選手の王座獲得はなりませんでした。詳細は林徹磨選手の試合を御覧ください。

林徹磨

変則的な動きで手数の多い粉川選手に対して、林選手は初挑戦ということもあってか、普段と比べてやや振りの大きなパンチが目立ちましたが、林選手は非常にアグレッシブで要所でいいパンチを入れていました。判定は3-0となりましたがその差はいずれもわずかで、難しい判定となったようです。

林選手は序盤は勢いがありましたが、9ラウンド、10ラウンドはやや手数が少なく、押されているようにも見えたのでどうかなと思っていましたが、残念な結果となってしまいました。ただ林選手はここで終わるようなボクサーではありません。もう一度粉川選手と対戦する機会があれば、結果は違ったものになるでしょう。いいところをさらに伸ばし、反省するところは反省して次に活かしてもらいたいと思います。林選手お疲れ様でした。また頑張りましょう!
ボクシング | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

岩佐亮佑 祝初防衛!

 3月3日後楽園ホールで行われた日本バンタム級タイトルマッチにおいて、チャンピオン岩佐亮佑選手は見事1R KOで初防衛に成功しました。

岩佐のストレートがヒット

ラウンドの序盤、お互いに様子を見ていましたが、次第に岩佐選手のパンチが当たるようになってきたように見えた瞬間、見事な左ストレートでフィニッシュしました!
相手の村井勇希選手はプロ15年、今回で40戦目というキャリアを持つ選手なので、どんな秘策で立ち向かってくるのか注目していましたが、距離感を見極めているうちにいきなり強いパンチを受けてしまったようでした。
KOで初防衛
本人前回は反省しきりの様子でしたが、今回スッキリ勝てたことでとても自信になったのではないでしょうか。いずれにしても岩佐選手はこの調子で防衛を重ね、さらなる飛躍の年となることを期待しています。
ボクシング | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

岩佐亮佑 日本バンタム級チャンピオンに!

 昨日11月18日後楽園ホールにて行われました日本バンタム級王座決定戦10回戦で、弊社肉の牛善が応援する岩佐亮佑選手が3-0の判定勝ちをおさめ、見事日本バンタム級チャンピオンに輝きました!おめでとうございます!!

5R岩佐選手ショートアッパーでダウンさせる

今日は動きが悪く、プレッシャーを感じていたんじゃないかとセレス小林会長。岩佐選手自身も今日は自分のボクシングができなかったと語っていましたが、タイトルマッチはまず勝利することが重要!内容も強豪ジェロッピ選手から5Rにダウンを奪い、98-92、97-92、98-92の大差で判定勝ちしたことは素晴らしいのではないでしょうか。(試合の様子はこちら

もちろん日本チャンピオンが目標の選手ではないので、これをステップにさらに大きく羽ばたいて欲しいと思います。

セレス小林会長と記念撮影
安齋社長と記念撮影
ボクシング | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

岩佐亮佑 2R KO勝利!

0806 

8月6日後楽園ホールにおいて行われたダイナミックグローブ第4試合において、岩佐亮佑選手が2R41秒、見事KOで勝利しました!

3月5日、山中慎介選手との日本バンタム級タイトルマッチで惜敗した岩佐選手の再起第1戦は、インドネシアのラスマヌディン選手との8回戦でした。岩佐選手は序盤、自らの動きを確かめるような慎重な立ち上がりでしたが、2Rに入って左アッパーがヒットすると、すかさず左ストレーを打ち込み、あっさりとKOしてしまいました。あっけないKO劇に会場内では「もうちょっと長く試合を見たかった」というため息が漏れていました。

いずれにしても岩佐選手好調なスタートです!これからどんどん調子を上げて欲しいところです。試合の詳細はこちらへ。


ボクシング | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

林徹磨選手1R KO勝ち!

 6月1日後楽園ホールにおいて、東日本大震災チェリティーイベント「ボクセオ・ランウェイ」が開催されました。

主催は18古河、18鴻巣、セレス、小熊、本庄、ライオンズ、ワールドスポーツ、三津山の各ジム。フレッシュな選手たちによるスリリングな試合が展開されました。

ポスター

そのメインエベントに登場したのが、このところ調子を上げているな日本フライ級2位の林徹磨選手です!相手はタイの19歳の新鋭ソムサク・シンマナサク選手。手足の長さが目に付くタイプの選手です。

ウォーミングアプする林徹磨選手

試合は1R開始早々、ワンツーの右を大きく振り回してくるシンマナサク選手をかわしながら様子をうかがっていた林選手ですが、左のアッパーがクリーヒットしたあと、左右の連打を打ち込むとシンマナサク選手はたまらずダウン。なんとか立ち上がりましたが、ここから林選手が前に出て、ロープに追い込み、2度目、3度目のダウンを奪い、1R 1分21秒あっさりKOしました。林選手すごいです!パンチ力がついてきたのでしょうね〜

詳細は肉の牛善チャンネルで御覧ください。

会場には岩佐選手も駆けつけ、ノボリを掲げて林選手を応援する姿が見られました。
ここからどんどん勝ち進んでほしいです。そして日本タイトルを奪取してほしいものです。

応援する岩佐選手


ボクシング | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

岩佐選手惜敗!

 昨日2011年3月5日、後楽園ホールにて行われた日本バンタム級タイトルマッチ10回戦、同級チャンピオン山中慎介選手対挑戦者同級1位岩佐亮佑選手の試合は、10ラウンド1分28秒TKOで山中選手が勝ちました。岩佐選手惜敗!残念です。


試合の詳細については牛善チャンネルを見ていただくこととして、ああ、それにしても勝負の世界は厳しい。満員の後楽園ホールが大きな声援に湧き、その声援に応えるように両者素晴らしいファイトであったことがせめてもの慰めです。試合終了後、山中選手の応援団からいただいた温かい「岩佐コール」がなによりも岩佐選手の健闘を物語っていると思います。応援団の皆様、ありがとうございました。


岩佐選手もこれを糧にさらなる高みを目指して精進を重ねることでしょうし、肉の牛善もそんな岩佐選手をこれまで以上にサポートしていく所存です。とにかく今はゆっくり休養して、心も体もリフレッシュしてもらいたいものです。お疲れさまでした。


ボクシング | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

林徹磨選手5RKO!

肉の牛善が応援するフライ級の林徹磨選手(セレスジム)の再起第一戦
OPBFライトフライ級14位崔學先との試合が昨日10月9日(土)後楽園ホールにて行われ、見事5RKOで勝利しました!

最強後楽園では老練な選手相手に僅差の判定で涙を飲みましたが、再起第一戦は林選手らしい強い勝ち方でした。

がんばれ!林選手



肉の牛善はどこまでも応援します!
ボクシング | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

岩佐選手 4R TKO勝ち!最強後楽園決勝

本日後楽園ホールで行われた「最強後楽園決勝」の3試合目

バンタム級8回戦
日本バンタム級1位・臼井欽士郎(横浜光)× 同級4位・岩佐亮祐(セレス)

は4R 1分8秒岩佐選手がTKOで勝利しました!!

試合内容は完璧で、臼井選手はほとんど有効なパンチを打てないまま4Rに左ストレートをもらい、レフリーストップとなりました。

1R,2R



3R,4R



これで岩佐選手は日本王座挑戦権を獲得。来春、日本バンタム級チャンピオンの山中慎介選手と戦うことになります。ワクワクしますね〜
ボクシング | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
牛善ギフトショップはこちら